農業生産コスト低減のことなら、農事組合法人 熊本すぎかみ農場にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
0964-27-4417
0964-27-4418

 

 

事業目標

稲刈り

(1)大豆と水稲、小麦とタマネギのブロックローテーションを実行していきます。組合員の同意を得て、それぞれの作物団地化、水田等の畔取り(約1haの圃場造成を基本)の実現によりコスト削減等経営合理化を図ります。

また、後継者がいない組合員の農地は、法人が直営で営農を行います。


大豆の適期収穫

(2)小麦、大豆が近年、天候不順等で収穫量減になっております。今年も熊本県農業改良普及センター、JA営農指導等の栽培指導を受け適期作付、栽培管理、適期収穫に努めます。

また、作付け前の地力増進を図るために耕起〔ボトムプラウ(天地返し用)、スタブルカルチ(固盤破壊用)、バーチカルハロー(整地)〕の利用で地力回復〔★この農業機械は法人が導入済みです。〕に取り組みます。

 


玉ねぎの選果施設

(3)農業機械の整備合理化計画に基づいた計画購入、所有している農業機械での作業を計画的効率利用を行います。

タマネギ乾燥貯蔵施設、選果施設の新たな導入により、持続的安定生産出荷に努めます。
〔組合員の高齢化及び所有農業機械の老巧化により農作業受託を迅速に対応してまいります。また、玉ねぎ乾燥貯蔵施設、選果施設の設置により、持続的安定的生産、出荷に努め収入の安定を図ります。


タブレット端末

(4)ICT活用(スマート農業)による農作業を計画的、効率的利用に取り組みコスト低減に努めています。

〔平成29年度熊本県ソフトモデル事業でクボタKSASシステムを導入し、タブレット端末8台で農作業にフル活用。GPS地図システムで農地中間管理機構等借受地を管理。米、小麦、大豆、タマネギ等各農作業の管理に活用し、栽培管理等にも活用しております。〕


タマネギの収穫

(5)今年の総会で承認したタマネギ栽培(約14㌶)を計画的に生産が出来るように取り組みます。

〔タマネギ栽培は平成29年開始。青果用、加工用を計画的に栽培しています。


食農教育風景

(6)食農教育への取り組み

〔児童(小学校)、消費者へ熊本すぎかみ農場が栽培した農作物等の食農教育を実践しております。〕


加工品開発

(7)農産加工品等の生産、販売取り組み

〔女性部運営委員を中心に行政、関係団体の指導を受けながら農産加工品の開発を進めております。〕


タマネギの詰め放題

(8)地産地消活動の取り組み

〔当法人で生産した農産物(タマネギ、葉にんにく等)を地元消費者に消費して頂くためにJA直売所(JA熊本うきサンサンうきっ子、宇城彩館)、熊本市城南地域物産館火の君マルシェ 等で消費拡大を実施しております。

アクセス

0964-27-4417
0964-27-4418
住所

       〒861-4234
  熊本県熊本市南区城南町永444-1

営業時間

     8:30~17:30

休業日

    土曜日・日曜日・祝日